普段の業務内容と仕事へのこだわりについて

DeNAオリジナルゲームの期間限定イベントの開発や、ゲームの改善施策の実施が主な業務です。仕事へのこだわりは、スムーズに開発業務が進むよう、チーム内でお互いの得意分野を把握して分担することです。そのために、普段からメンバーとは密にコミュニケーションをとって、適宜進捗や状況を共有しあうことが重要だと考えています。突発的な理由で仲間が不在になっても、チームの誰かが対応できれば安心ですからね。

DeNA Games Tokyoを転職先として選んだ理由

DeNA Games Tokyoに入社する前は、フリーランスのエンジニアとして、飲食業コンサルティング会社で個人店向けのサービスを開発していました。ゲーム会社での業務経験はなかったのですが、とにかくゲームが大好きで、何かゲームに関わる仕事がしたいとダメ元で挑戦しました。技術的にはある程度通用するかなという思いはあったんですが、面接では自分がどれだけゲームが好きかという熱意を前面に出してアピールしました。選考が進み、エンジニアマネージャーとの面接は、ゲームの開発や運営の話をするうちに、「ゲームの開発や運営のすべてを見てみたい!」というワクワク感がますます募っていったので、採用の連絡を受けたときは本当に嬉しかったですね。

ゲーム運営の魅力や面白さとは

一番の面白さは、イベントなどを通じて、ゲーム仲間たちが共有する体験をたくさん提供できる点です。私は小学生の頃からゲームが大好きで、よくゲーセンで遊んでいたのですが、そこでできた仲間とは今でもよく飲みに行くほど仲が良いんですよ。ゲームには、ソフトで遊ぶ面白さだけではなく、リアルな場やネット上でゲーム仲間と共通の話題で盛り上がれる面白さもあります。DeNA Games Tokyoなら、その共通体験を提供する側になれます。それこそがゲーム運営の大きな魅力ですね。

また、運営は既存のゲームを進化させていく仕事でもあります。たとえば、あるユーザコミュニティでの話題がゲームに反映されて、ほかのユーザに伝播したりすることもあります。そんな体験は運営がなければ実現できないと思うんですよね。ユーザコメントで「私の仲間が……」と書かれているのを見た時には、「あぁ、このゲームを本当に楽しんでもらえているんだ」と、ユーザと同じ気持ちを共有できているようで嬉しくなりました。

DeNA Games Tokyoでの働くことの魅力

エンジニアでありながら、運営に関する企画やレビューをどんどんやらさせてもらえるところです。DeNA Games Tokyoでは、常にユーザの気持ちになって一番良いものを提供するため、要件定義まですでに固まっている案件でも、より良い意見が出たら全員が猛スピードで組み直して対応するんです。だから意見があるならきちんと言ったほうがいい。最近、ようやく自分もそういう考え方に変わってきました。エンジニアだけに特化した会社やBtoBの仕事を続けていたら、こんなに積極的な考え方にはならなかったと思います。また、メンバー同士の仲が本当に良いところも大きな魅力の一つです。自分が働いていて楽しいですし、なによりマネージャー陣の面倒見のよさ!(笑)これはほかの会社と比較しても群を抜いているのではないでしょうか。

この会社で実現してみたいこと

エンジニアとしての技術を磨くことのはもちろん、企画やディレクションなども行える総合力を身につけたいです。そのために、もっともっと沢山の経験をさせてもらうつもりです!あとは、小さい頃から親しんできたアニメやゲームなどのIPを使ったタイトルの運営に携わることができたら最高ですね。それを目標に、ゲーム好きな方たちと一緒に頑張っていけたらと思います。ぜひ一緒に楽しいゲームをつくりましょう!

エンジニア岡村 謙

2006年にSlerとしてエンジニアの道を歩みはじめる。2012年からは飲食業コンサルティング会社のWEBサイト開発でBtoCサイトを経験。 もともと好きだったというゲームの運営に猛烈に惹かれ、2015年にDeNA Games Tokyoに入社。 現在はエンジニアとしてイベントの開発などを担当。

一覧に戻る

OTHER INTERVIEWS

  • 取締役 企画部部長兼採用責任者
    山口 恭平
  • デザイン部 部長
    楠 薫太郎
  • 技術部 部長
    平岡 洋祐
  • クリエイティブディレクター
    小山田 理恵
  • プランナー
    酒作 達也

RECRUIT

ゲームの力を信じる「新たな仲間」を募集しております。
ゲーム運営を通して、新たな価値を提供する新拠点を
一緒に創り上げていきましょう。

採用情報を見る