いままでの経歴を教えてください

大学では中国に留学し、中国語や中国文学の勉強をしていました。就職活動の際にせっかく働くなら世界を目指せる会社が良いと思い、DeNAに入社しました。入社後はゲームコンサル業務を経験した後、『三国志ロワイヤル』を立ち上げ、プロデューサーとして運営を担当し、その後DeNA Games Tokyoの立ち上げに事業部門組織の責任者として参画しました。

今は取締役と兼務で企画部の部長としてDeNA Games Tokyo全体の方針策定や組織作り、採用を担当しています。

企画部ではどんな仕事をしていますか?

プランナーのマネジメントや、組織としてゲームの面白さをどう担保していくのか、DGTのプランナーをどう成長させていくのか、といった戦略策定が主な業務ですね。私たちの運営するゲームをユーザーに長く楽しんでいただくため、運営業務の低難易度化や効率化の推進、メンバー育成や採用など、部署として必要な事はなんでもやります。

取締役の業務としては、DeNA Games Tokyoを世界一の運営会社にするための組織作りを担当しています。具体的に言えば、会社全体の組織ポリシー構築や、採用戦略の構築など、組織を成長させるためのプランを考えていますね。

企画部はどんな組織ですか?

面白いゲーム企画を考え、その考えた企画を形にし、ユーザーに届けるまでをミッションとしたプランナー集団が企画部です。

企画部にはゲーム会社出身のメンバーはもちろん、ゲーム運営に携わりたいという想いでプランナー未経験で入社したメンバーもいます。中には元銀行員などまったくの異業種から入社したメンバーなど様々ですね。全員に共通して言える事は、ゲームが好きだという事。ゲームの運営に熱量が高いメンバーが集まっています。

プランナーの業務は、自身が担当するゲームの企画運営はもちろんですが、それ以外にも事業計画や運営戦略の立案推進、ゲームの難易度調整など、幅広い業務があります。だからこそ、一人一人がプロフェッショナルとして何らかの得意領域を持ち、お互いをカバーしながらチームとして面白さを届けることができる組織にしたいですね。

DeNA Games Tokyoでめざすこととは?

「世の中のゲームをDeNA Games Tokyoが支えている」という社会をつくることです。そのためにも、ユーザーファーストを前提として、ニーズがあればゲーム以外の領域も積極的に取り込んでユーザー満足度を向上させる。そんな運営スタイルを社内に根づかせていきたいです。

「秋葉原から世界を目指す」という目標もあります。そのために、まずはゲーム運営の基礎固めをし、国内で「ユーザー満足度を高めるならDeNA Games Tokyo」という信頼を得ること。そして世界でも「ゲーム運営をするならDeNA Games Tokyo」という形で、数年後にはゲーム運営で世界一に成長していければと思っています。

取締役 企画部部長兼採用責任者山口 恭平

2012年、DeNA入社。2013年に『三国志ロワイヤル』をプロデュースし、その後運営に従事。 シニアプロデューサーを経たのち、2015年からDeNA Games Tokyo立ち上げに伴い、タイトル運営組織/事業の責任者を務める。 企画部部長を経た後、2017年DeNA Games Tokyo取締役に就任。

一覧に戻る

OTHER INTERVIEWS

  • デザイン部 部長
    楠 薫太郎
  • 技術部 部長
    平岡 洋祐
  • クリエイティブディレクター
    小山田 理恵
  • エンジニア
    岡村 謙
  • プランナー
    酒作 達也

RECRUIT採用情報

ゲームの力を信じる「新たな仲間」を募集しております。
ゲーム運営を通して、新たな価値を提供する新拠点を
一緒に創り上げていきましょう。

採用情報を見る