ゲームの力で人々を幸せに

ゲーム業界の競争は依然激しく、リリース後に求められるゲーム運営のクオリティは
益々高くなっています。ゲーム運営において、私たちが一番大切にしていることは、
ユーザー様に楽しんでいただくことです。そのために私たちは、
ユーザー様にどう遊んでいただくかを日々考え抜いています。

ゲームを通して日々、ユーザー様同士で「おはよう」「おつかれさま」と
挨拶しあえる関係があること、それがだんだん生活の一部となっていく...
そのような環境を提供できることに喜びと誇りを感じています。

私たちDeNA Games Tokyoはゲーム運営を通して、
一人でも多くのユーザー様に幸せを提供していきたいと思っています。

ゲーム運営に特化した新たな拠点

今まで、DeNAグループでは多くのヒットゲームをロングヒットゲームに育ててきた実績があり、今では数十本のゲームを運営しています。その歴史は、決して華々しい成功だけではなく、失敗しては改善を施すという泥臭い経験を繰り返し、積み上げてきた“努力の歴史”でした。

その努力の蓄積は、確実に我々DeNA Games Tokyoの強みになっています。特に、数十本のロングヒットゲームを運営してきた経験は、ノウハウとして次世代のゲーム運営にどんどん活用していきたいと思っています。

DeNA Games Tokyoは、DeNAグループとしてゲーム事業の更なる発展を目指す中で、強みのゲーム運営力をより一層強化するために2015年に生まれた新会社です。

ゲーム好きな人こそ、
驚きと感動を与えられる

DeNA Games Tokyoには、実に様々なメンバーがいます。ゲーム業界出身のメンバーはもちろん、異業界から転身してきたメンバー、中には銀行から職種を転向して合流したメンバーなど、出身は多岐に渡ります。また、プロデューサーを目指すメンバー、エンジニア技術を追求し続けるメンバー、ゲームの数値分析のプロフェッショナルを目指すメンバーなど、キャリアビジョンも様々です。

共通点はただ一つ、『ゲーム好きであること』だけです。ゲーム好きであるからこそ、ゲームをプレイしているユーザー様の気持ちを理解して、長期的に遊んでいただけるコンテンツを提供できると信じています。

DGTの運営とは

ゲーム運営は実にエキサイティングで面白い仕事です。数十万人単位のユーザー様に対し、常に楽しさや喜びのあるゲームをお届けし、その反応がスピーディかつダイレクトに返ってくる、実にユニークなビジネスだと思っています。

運営は同じ事をやり続けるというイメージもありますが、そんな事は全くありません。DeNA Games Tokyoではロングヒットの運営タイトルにも新たな施策の開発を行い、ユーザー交流会やインタビューを実施するなど、変化に富んだゲーム運営を行っています。

徹底的にユーザー視点に立ち、サービスをアップデートしていく。これがDeNA Games Tokyoの運営です。

株式会社 DeNA Games Tokyo CEO井口 徹也

2013年、DeNA入社。ブラウザゲームの運用プランナーを経て、2014年より同タイトルのプロデューサーに就任。その後、アプリタイトルのプロデューサー、企画マネージャーなどを経て、2017年、DeNA Games Tokyoの社長となる。